オーストラリア高校留学情報センター

オーストラリア高校留学の情報満載・学校選択のポイントなど

オーストラリアの教育制度

オーストラリア|学校の特徴

クラスの生徒数は平均20~30人で、授業は、約15分間のホームルームの後、午前9時ごろに始まり午後3時ごろに終わります。放課後はクラブ活動や清掃などはなく、スポーツをしたり、好きな習い事をしたり、友達や家族と自由に過ごします。ただし、宿題などの課題が出され、特に大学進学を目ざす11、12年生は、放課後も勉強に励んでいます。

オーストラリア|学校システムについて

オーストラリアの初等・中等教育(小学校から高校)は12年制ですが、日本のような6・3・3制ではなく、州によって異なるシステムを持っています。1年生から6年生(または7年生)までが小学校、7年生(または8年生)から中学・高校に入学し、12年生までの教育を受けることができます。中学・高校は一貫教育でセカンダリースクール(SecondarySchool)またはハイスクール(High School)と呼ばれています。義務教育期間は学年ではなく6歳から15歳(タスマニアのみ16歳)までという年齢で定められており、一般的には10年生で義務教育を修了します。大学などへの進学希望者は11、12年生に進み、将来進む道を考慮して専門分野に沿った選択科目を選びます。オーストラリアには日本のような形の受験制度はありませんが、進学希望者は12年生終了前に各州の「統一高等学校資格試験」を受け高校修了資格を得た上で、その点数に応じて希望の教育機関に進みます。

学習科目

オーストラリアの学校では、生徒のスキルや興味を満たすために、多様な科目が取り入れられています。学習科目には、国語(英語)、数学、社会、科学、環境学、外国語、コンピューター、保健体育、技術、家庭科、音楽、芸術、演劇などがあります。また、多文化国家オーストラリアならではの、さまざまな外国語が教えられています。日本語は、いちばん人気の高い外国語で、多くの学校で教えられています。高学年になると、生徒の希望に合わせた選択科目が中心となります。将来の就職をふまえた実用的な科目も多く、希望に応じてワークエクスペリエンス(職業実習)の機会も手配されます。12年生では、科目の取り方によっては、図書館などで自主的に勉強する自習時間があります。

11~12年生の科目

用意されている選択科目は、学校によって異なります。専門学校と協力・連携体制をとっている学校も多く、専門学校によるユニークかつ専門的なコースを履修できる場合もあります。

学期/スクールカレンダー

オーストラリアの学校は、4学期制(タスマニアのみ3学期制)で、完全週休2日です。学年は、1月末(または2月初め)から始まり、12月中旬に終了します。各学期は約10週間で、学期と学期の間に2~3週間の休みがあり、学年末の12月から1月にかけて約6週間の長い夏休みがあります。

ページの先頭へ